志賀高原で絶景と温泉を満喫する贅沢スキー

上信越高原国立公園内にあって、東洋のサンモリッツと謳われる志賀高原一帯のスキー場は、雪質の良さやゲレンデのバラエティ感もさることながら、北アルプス連峰や北信五岳などの絶景を眺めながら滑走できる、魅惑のスノー・パラダイスです。ここ数年、横手山山頂ヒュッテの絶品手づくりパンが有名になるなど、白銀のグルメスポットとしての人気も高まっていますが、横手山の主役は、やはり、天然パノラマビューの銀世界です。なんと、雲一つない晴天であれば、白銀の山々の上に、はるか日本海をも眺めることができるのです。
志賀高原スキーの魅力は、標高の高いゲレンデから、そういった見渡す限りの絶景を堪能しながらシュプールを描けることです。国内最大級ともいわれる広大なエリアに広がる幾つものスキー場は、それぞれに個性あふれるゲレンデが多彩なコースを展開、本州随一といわれる極上パウダースノーを誇っています。
一見、初心者には難しそうな急斜面も、その雪質の良さでチャレンジできるのも魅力です。絶景ゲレンデすべてを攻略するためには、数日連泊しても物足りないほどで、毎年通うほど熱心なリピーターが多いのも特徴です。

最新の東京から大阪まで高速バスについての情報を提供しています。

その理由はスキーの魅力だけでなく、多彩な泉質を誇る数々の温泉にもあります。



歴史と伝統を誇る温泉郷の面も持つ志賀高原は、湯めぐりの楽しみも見逃せません。


スキーも温泉も、どちらも楽しみたい欲張りトラベラーの多くが、可能な限りの連泊を夢見ています。


日本一素晴らしい真冬を体験できるエリアと言っても、決して過言ではないはずです。